ふみきりでの痛ましい事故について

少し前に踏切で倒れていたおじいさんを助けるために踏切に入って、事故にあい亡くなられた女性がいた。
テレビノーニュースや報道番組でもかなり取り上げられた。
ほんとうに悲しくて痛ましい事故だった。
その女性の命と引き換えに、おじいさんの命は助かった。
本当に勇気のある方だと思う。
誰もが自分の命が惜しい。やっぱり何より死ぬのは怖い。
だからいざ、危険な状況であってもとっさに行動することはできないと思う。
その女性は父親と一緒にいて、父親の静止を聞かずに助けにいったのだという。
父親の気持ちを思うと本当に胸が痛む。
何よりもわが子の命が大事だったのに、と思う父親の感情は当たり前だ。
それでも、娘が助けようとした人が助かった。それが救いだ。という言葉を本当に素晴らしく思った。
こんな場面で勇気の出る人を一人亡くしたことは本当につらい。
素晴らしい行動だったとは思うが、やはり人は命あってのものだ。
助からなかったことが悲しくて辛すぎる。
こんなことがもう二度と起こらないように、もっと工夫をしてほしいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>