溺れた男児を救助した厳俊さん

少し前になるが、テレビのニュースで川におぼれた小学生を中国人の留学生の方が助けたと報道されていた。
これは本当に素晴らしいことだと思う。
いくら川で子どもが溺れていてもいざ助けようとすると、なかなか行動できないものである。
やっぱり誰もが我が身かわいさでなかなか助けに行けない。行動に移せないのである。
でもその方は、「なぜ助けようと思ったんですか」という報道陣のセリフに対して「成人している者が子どもを助けるのは当たり前です。」とさらっと答えたのだ。
私は本当に感動した。それだけの理由で行動に移せる人は少ない。誰だって自分の命が惜しい。
でも大人が子どもを助ける、当たり前だけどもそれだけの理由で子どもを助けたこの厳俊さんには尊敬の念を抱かざるを得ない。
インタビューでも死を覚悟したと言っていた。
子どもも厳俊さんも本当に無事でよかった。助かって本当によかった。
暗いニュースばかりの中でこんなに素晴らしいニュースを聞けて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>